新潟市内で、現在2店舗(中央区湖南、中央区上所)営業中!介護や健康のお悩みを福祉用具や介護用品で解決します。

福祉用具・介護用品の あおやまメディカル お知らせ 介護用品・福祉用具の通信販売 いきいき生活応援館 介護用品レンタル 介護保険でバリアフリーリフォーム 社員・スタッフ紹介 会社概要 お問い合わせ

最近の投稿

最近のコメント

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー:分類


  • 福祉用品・介護用品のショッピングカート




Amazonが家事代行?

15th 5月 2015

いつもありがとうございます。
取締役専務の稲毛です。

現在、家事代行サービスがはやっています。

私たちの業界だとダスキンのホームインステッドが有名ですが、
「え?」と思うような会社が参入してきています。

いくつか例をあげますと、
まず、パナソニック。
2015年2月に家事代行を担う子会社の設立方針を公表しました。

次に、中部電力。
中堅住宅メーカーのサンヨーホームズさんと共同で家事代行サービスの子会社を立ち上げました。

最後に、何とAmazon。
アメリカでのサービス提供になりますが、2015年3月にAmazon Home Servicesを立ち上げました。

これの凄いところは、
品質保証サービスによって、品質に満足できなければ返金請求できるということです。

正直、返金保証自体は珍しくありません。
でも、家事代行の返金保証は聞いたことがありません。

驚きです。

こういう情報を知ると、業界の垣根が溶け出していることを実感します。

それでは、また。

TAGS:

経営の目的

22nd 4月 2015

いつもありがとうございます。
取締役専務の稲毛です。

4月16日(木)~18日(土)でバリアフリー2015が開催されました。

恥ずかしながら行ったことがないので、
大阪デビューも兼ねて行きたかったのですが…ダメでした。
来年は必ず参加したいと思います!

 

さて、今回のテーマは「経営の目的」です。

仕事をする上で最も重要なことですが、
私の過去のブログを見返したらどこにも記載されていなかったので、
「出直しブログ第一弾」として取り上げることにしました。

結論から言えば、
経営の目的は「お客様をつくる」ことです。

もう少し具体的に言うと、
「お客様をつくり、維持し、増やす」ことです。

なぜなら、人が食べ物から栄養をとらないと餓死してしまうように、
会社も栄養に相当する利益をとらないと餓死(倒産)してしまうため、
利益発生源であるお客様をつくる必要があるからです。

さらに、企業は永続性を前提にしているので、
一定量を安定的にとり続けなければなりません。
(特別目的会社など、一部例外はあります)

つまり、会社の仕事の本質は、
利益発生源であるお客様をつくり続けることになります。
そして、経営資源(人も・モノ・カネ・情報)はそれを実現する手段です。

以上、簡単ですが経営の目的についてでした。

「こんなのあたり前」と思われる方も多いかもしれませんが、
10年くらい前まで「経営の目的は利益の追求」という話が多かったのです。

私がお客様の立場なら、
「お前の利益じゃなく、俺の利益を追求しろよ!」
と思いますけどね。

次回は、
「会社の存在意義」についてお話ししたいと思います。

それでは、また。

 

~追伸~

仕事で意見が噛み合わないとき、
落としどころ「お客様に喜んでいただく」にすると良いですよ。

話にスッと筋が通り、
スムーズに合意が取れるようになります。

 

TAGS:

お久しぶりです。

10th 4月 2015

大変ご無沙汰しております。
取締役専務の稲毛です。

最後に更新したブログは、何と、昨年の7月でした…。
実に8か月ぶり。
初心に戻って、出直したいと思います。

さて、「介護ショップ専用 営業支援システム CHEKE」ってご存知ですか?

大阪で貸与事業を運営している株式会社フークさんが作成したクラウドのシステムなんですが、
そこに「福祉用具専門相談員の為の情報提供サービス」という機能があり、
4月から福祉用具専門相談員としてコラムを担当することになりました。

大変名誉なことなんですが、
私は現場を離れて丸6年経ちますし、
全国の福祉用具専門相談員さんが閲覧するということで、
柄にもなく不安になっています。

そもそも自社のブログすらまともに更新できていないのに、
月2回のハイペース(?)で更新できるのか?
心配は尽きません。

ですが、自分の意見を多くの方々に発信できる機会はそうそうありません。
他のコラムニストの足を引っ張らないよう、
そして、閲覧した方から「気付きになった」「刺激を受けた」と感じていただけるよう、
精進したいと思います。

森阪社長、貴重な機会を与えていただきありがとうございます。

それでは、また。

~追伸~
本日、第1回目のコラムを投稿しました。

TAGS:

島根県初上陸!

08th 7月 2014

いつもありがとうございます。
取締役専務の稲毛です。

6月26日(木)~27日(金)である会議に、
埼玉県の同業者の方からお誘いいただき、
人生初の島根県へ行ってきました。


これまた人生初の羽田空港です

 


萩・岩見空港です

全国各地で福祉用具貸与事業を営んでおられる方々が30名以上集まり、
実際の数字を公開しながら反省点や今後の方針を議論するため、
良い意味で遠慮がなく、刺激的で気付きの多い会議でした。

(私もオブザーバーとして15分ほどプレゼンしましたが、
刺激や気付きをご提供できたかどうかは分かりません…いやできたと信じています)

こんな会は初めてです。

しかも第20回。凄い!

具体的に内容をお伝えしたいのですが、
うっかりブログ掲載許可をいただき忘れていたので(涙)
いただいたら改めて掲載したいと思います。

会議の終了後は、もちろん懇親会。


仕事の話したかな…したような…最初だけ…

二次会、三次会はもちろん締めのラーメン。
島根県でも寿命を縮めてきました(笑)

どこか、地元・新潟と似た空気のあった島根県。

機会があれば、ぜひ再上陸したいと思います。

それでは、また。

TAGS:

熱い夜

08th 5月 2014

いつもありがとうございます。
取締役専務の稲毛です。

GW前、
最近何かとお世話になっているコミュニティーサービス新潟の吉田社長のお誘いで、
地元・新潟の将来、経営、人生観などについて語り合う
懇親会(?)に参加させていただきました。


 

 

 

 

 

 

 
(左から会場のオーナーシェフ伊藤さん、大建建設の高橋社長、吉田社長、私)

当日は、
普段から熱い吉田社長が3倍増しでヒートアップしていた上に、
同じく熱い高橋社長との相乗効果で場が盛り上がり、
気が付いたら4時間30分も過ぎていました。

一次会でこれほど長時間の滞在は、
記憶にないくらい久しぶりです。

大変多くの刺激と気付きをいただきましたが、
特に印象に残った“高橋語録”の1つをご紹介します。

「人事を尽くして、天命を掴み取れ」

待つんじゃないんですよ。
自分から取りに行くんです。

しびれますねぇ。

それでは、また。

 

~会場~

Curry Bar Iji Curry (イジカリ)
新潟市中央区東大通2-4-34 2F
tel,Fax 025-255-1490

 

TAGS:

いつもありがとうございます。
取締役専務の稲毛です。

先月末、昨年10月に開催した「新潟合宿」のご縁で、
埼玉県から同業者さんが来社されました。

当社には社内で共有したい事例や、
個人で解決できない事例を持ち寄って相談する
「事例検討会」という仕組みがありますが、
その場にご参加いただきました。

やはり会社が違うと視点が違います。
とても新鮮で気づきの多い貴重な会になりました。

会が終了しても、
マーケティングやマネジメントの話で盛り上がり、
たくさん情報交換させていただきました。

今度は有志を募って埼玉に乗り込もうと思います。

それでは、また。

TAGS:

いつもありがとうございます。
取締役専務の稲毛です。

毎年この時期になると、

「一年ってあっというまだなあ」

と言っていますが、
今年は特に早い様な気がします。

これには理由があるのを知っていますか?

この年を追うごとに一年が早く感じられる現象を、

「ジャネーの法則」と呼ぶそうです。

ご興味にある方は調べていただければと思いますが、簡単に言えば、

50歳にとっての1年は人生の50分の1だが、
20歳にとっての1年は20分の1で、
50歳の人は20歳の人に比べ時間の過ぎるスピードが2.5倍速い、

というものです。

こういわれると納得しますが、
何とも不思議ですね。

 

それでは、よいお年をお迎えください。

TAGS:

いつもありがとうございます。
取締役専務の稲毛です。

福祉用具貸与・販売は介護保険サービスでありながら自由価格です。
狙いは事業所に競争させることで質の高いサービスを安く提供できるようにすること。
いわゆる「市場原理」を働かせるためです。

現在、新潟市内は57事業所が活動しており、
価格面では十分すぎるくらい市場原理が働いていますが、
サービス面ではそうでもないように思えます。

福祉用具にとって最も重要なことは、

「お客様のご要望を満たし続ける」

ことです。

この前提条件がない状態で、
いくら安くなっても意味がありません。

福祉用具以外でも同じことが言えます。

皆さんは、
通常お買い物するときに価格だけで決めてますか?
同じ商品なら安い方が良いですか?

多分、違いますよね。

価格以外のいろいろな前提条件が満たされた中から、
一番安い商品を選んでいると思います。

でないと、「ア○ゾ○」や「○天」などのネット通販で、
何でも買ってしまうのではないでしょうか。

介護保険福祉用具貸与・販売が「同じ福祉用具なら安い方が良い」とならないよう、
専門職としてサービス品質向上に努めたいと思います。

それでは、また。

TAGS:

いつもありがとうございます。
取締役専務の稲毛です。

経営の目的はお客様をつくることですので、
お客様に「気に入られて、好かれて、忘れられなくなる」ような接し方は極めて重要です。

でも、店の店員の対応が悪いと「あんな店二度と行かない!」と怒るくせに、
自分が店員をしているとそんな対応をしている人がいます。

人は自己中心的な生き物ですので、
意識してないと誰でもそうなってしまうのだと思います。

人の振り見て我が振り直せ、とはよく言ったものです。

ですので私たちは、

「自分がお客様だったら、自分からその商品を買う?」

という質問を大事にしています。

在宅事業では、

「自分が介護者だったら、あるいは自分が要介護者だったら、
自分や自分の会社から福祉用具をレンタル・購入する?」

という質問になります。

この答えが迷いなく「イエス」ならOKです。

ま、人の振り見てるわけではないんですけど…。

それでは、また。

TAGS:

いつもありがとうございます。
取締役専務の稲毛です。

突然ですが、質問です。

Aさんが不老不死の薬を開発しました。
でも、ネットもつながらない人里離れた山奥の店で売っています。
さて、この不老不死の薬は売れるでしょうか。

 

・・・売れませんよね。

だって、Aさんが不老不死の薬を売っていることを誰も知らないのですから。

 

この例え話は、
社内でマーケティングを教えているときによく出します。

お客様が存在を知らなければ不老不死の薬でも売れないのだから、
私たちが提供する商品・サービスなんて、
その良し悪し以前に「知っていただいてナンボ」だよね、と。

逆に、良い商品でなくてもお客様への伝え方次第で売れてしまいます。
ビジネス書にあるように、「エスキモーに氷を売る」ことも可能です。
なので、私たちはモラルをもって仕事をしなければなりません。

最近多い食品偽装のニュースを見て、
今回のテーマを思いつきました。

それでは、また。

TAGS:
Newer Posts »